【内田篤人とノイアーの約束。】被災者へ送られたメッセージはこうして生まれた。

【内田篤人とノイアーの約束。】被災者へ送られたメッセージはこうして生まれた。

シャルケ04に所属する内田篤人選手は震災直後、日本の被災者へユニフォームに載せたメッセージを送ったことで話題になりました。

uchimesse

しかし、このメッセージが世界に発信されるにはある選手の活躍がその背景にありました。

舞台は2011年3月12日シャルケ対フランクフルト戦。

試合の前、内田はメッセージを書いたユニフォームを用意していました。

メッセージの内容は
『日本の皆へ少しでも多くの命が救われますように共に生きよう!』

このメッセージユニフォームを見たノイアーは内田にこう尋ねたそうです。

ノイアー『それ見せるのか?』

内田『勝ったら見せる。負けたら見せない。』

ノイアー『俺が守って勝たせる。問題ない。』

終了間際、ノイアーが飛び出しFWへ直接ロングボール、そしてそれが決勝弾に!

そんなメッセージを内田に送ったノイアー。
終了間際、ノイアーが飛び出しFWへ直接ロングボール、そしてそれが決勝弾になりました!

試合後、勝利に喜ぶ仲間には混ざらず、内田はメッセージ入りのユニフォームを着て観客の前に立ちました。

uchinoi1

しばらく時間がたち、他の選手らがグラウンドを去ろうとしていたので内田も一緒に控え室に戻ろうとしました。

その時、ノイアーが内田の手を取り、再び観客席の前に内田を連れて行きました。

ノイアーは、サポーターやメディアに「このメッセージを見てくれ!」というような仕草をしています。

とても心に残る素晴らしい行動です。

© 2015 footalk All Rights Reserved